• 2017年1月6日

親が倒れた! すぐやること を読んでみた Vol.3

親が倒れた! すぐやること を読んでみた Vol.3

親が倒れた! すぐやること を読んでみた Vol.3

親が倒れた! すぐやること を読んでみた Vol.3 1024 441 岐阜県羽島市の介護施設 ぬくもり

さて、今回からは介護の書籍を読んで少しづつ勉強していきたいと思います。

とはいえ、専門書は難しくて理解できそうにないため、初心者にも分かりやすい書籍を探してみました。

とはいえ、初心者にも分かりやすい専門書をどうやって探せばよいのやら・・・。

ということで、Amazonで評価の良さそうなものを探してみました。

翔泳社出版で、太田差恵子さん著書の「親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと」という書籍が分かりやすくて良いそうなので、読んでみることにしました。

 

 

介護のことは何も分からない。 そんな時はどうすればいいの??

介護のことは何も分からない。 そんな時はどうすればいいの??

親が入院して退院した時や、介護施設の情報を探そうかなと考えている人はまず「地域支援包括センター」を利用してみましょう。

「地域支援包括センター」とは、簡単に言うと、介護についての相談窓口のことです。

社会福祉士や主任ケアマネージャーなどの資格を持っている人が、高齢者本人や家族について相談対応をしてくれます。

※当施設である「ぬくもり(羽島市で介護施設を運営しています)」も、ケアマネージャーがいるため、相談などのケアサポート対応をしております。

相談は無料なので、まずは「地域支援包括センター」に行ってみましょう。

 

下記が羽島市の「地域支援包括センター」の情報です。

 

 

どんなことを相談すればいいの??

「地域支援包括センター」では以下のようなことを相談してみましょう。

  1. 生活で困っていること、心配なこと
  2. 介護保険、その他の福祉サービスの紹介、利用手続きなど
  3. 高齢者の虐待に関すること
  4. 認知症、判断能力が無くなった場合の成年後見制度の利用手続きなど
  5. 高齢者を介護している家族への支援や、介護予防ケアマネジメントの作成など

 

「地域支援包括センター」では介護保険などの代行申請もできるようです。

手続きがよく分からない場合や、どうやって申請してよいのか分からない場合には、こちらを利用してみましょう。

※こちらから出向いてする申請が難しいのであれば、代行申請で職員の方が来てくれるようです。

 

あとがき

普段あまり介護に接したことのない人は、突然その必要性に迫られたときに何をしてよいのか分から無い人が多いと思います。

太田差恵子さん著書の「親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと」を一通り読ませていただきましたが、非常に分かりやすい本でした。

項目ごとに分かれているので、ほしい情報を手っ取り早く探せますし、図解付きで説明しているので、より理解が深まりました。

初心者の方でも十分読みやすい本だと思います。

いざという時のためにお手元に置いておいてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

CAPTCHA